ブログサイトを作成するならどこのサービスがいいのか?

最近では「SNS」の発展によりブログサイトを書く人が減ってしまい今では「ブログはオワコン」なんて言われ方をされてしまいます。ですが本当にそうでしょうか?確かにSNSの人気が高くなりましたが情報系の記事は多く存在しています。

それはインターネットがどんどん進化して利用者も増えていってることで求められることが多くなっているので「ブログサイト」というものは決して消えることがないコンテンツではないでしょうか?
そこで今回は今からブログやホームページサイトなどを利用したいという人のために「ブログサイトを作成するならどこのサービスがいいのか?」をテーマにまとめて見ました。

ブログサイトとは?

ブログというと芸能人がやっているような日記などを想像する人が多くいるかもしれません。

確かに日記のようなブログを作成している人もいますしそれがダメというわけではありません。

ですが、利用している人の多くは情報系のブログというものを作成して情報を発信しています。

それが「ブログサイト」というものになります。そもそもブログとはWeb(ウェブ)にLog(ログ)を残すという「Weblog(ウェブログ)」からきています。つまりはインターネット上に記録を残しているインターネットページということになります。

そのためブログサイトでは情報をどんどん足していくことが可能となっているため常に情報を発信することが可能となっています。

ブログサイト作成サービスのメリットやデメリットを比較

ではブログサイト作成サービスというものは結構たくさんあります。その中でどのサービスを選べばいいのでしょうか?そのサービスのメリットやデメリットなどを踏まえて考えていきましょう。

アメーバブログ

アメーバブログは芸能人などが使っていてSNSが流行る前にとても人気があったために知っている人も多くいるサービスでしょう。

アメーバブログの特徴は初心者でも簡単にブログを作成することが出来るというものになります。カスタマイズなどもしやすいために誰でも好きなように操作することができます。

他にも「アメーバピグ」という機能や足あと機能というものがあり会員同士のコミュニケーションがしやすいサービスとなっています。

ですがデメリットとしては、「商用利用がNG」ということが一番に上がるでしょう。アフィリエイトなどが制限されてしまうために収入を得るためにブログ運営をしたいという人には向きません。他には「アメーバブログ」はサイバーエージェントによって管理されているため規約に反してしまうと運営側の都合で削除されることがあるというデメリットがあります。

ライブドアブログ

ライブドアというと「ホリエモン」とも言われる堀江貴文氏が作った会社になります。現在ではLINEの子会社となっていますが、実はブログサイトのサービスが人気となっています。

メリットとしてはLINEの子会社となっているために「SNSとの連携」が出来るという点にあります。LINEの「LINE読者機能」というものがありそれを設定してくれたユーザーにブログが更新されると通知がくるように出来るというメリットがあります。

200種類以上あるブログデザインを選ぶことが出来ますが、スマホ版では「HTML」や「CSS」の編集が一切出来ないために既存のデザイン性にしてやるしかないというところがあります。他にはスマホ版ではライブドアの広告を削除することが出来ないということもあります。

WordPress(ワードプレス)

現在圧倒的な人気を誇っているのが「WordPress(ワードプレス)」になります。機能性や自由度が高いことから世界でも圧倒的なシェアを獲得しているブログ作成サイトになります。

WordPress(ワードプレス)は、製作会社が使うような「プロ向け」のコンテンツでした。そのため拡張性と自由度の高い制作が出来るためクオリティの高いブログサイトを作成することが可能となっています。無料で提供されているため多くの人が利用してますが、デメリットは全て自分でやらなくてはいけないということになります。

プロ向けに自由度が高い制作が出来るというメリットがそのままデメリットに変わってしまうということになります。プロにしたらデメリットにはなりませんが、今から始めようと思っている人には難しいブログサイト作成サービスとなります。

Wix(ウィックス)

無料で作成出来るページと有料版のページを分けているため好きな方で作成することが出来るWix(ウィックス)は無料で作れるブログサイトでも豊富なデザインテンプレートから選んで作成することが出来るようになっているので、「HTML」や「CSS」と言った専門知識を知らないという人でもブログサイトを制作することができるサービスとなっています。

デメリットとしてはテンプレートを一度選んでしまうと後から変更ができないという点やビジネスで利用したのであれば結局「有料版」にしなくてはいけないという点にあります。無料版のまま制作・運営することは問題なくできますが、それでは「独自ドメイン」を使うことが出来なかったり、Wix(ウィックス)の広告がすでに埋め込まれているということがあるのでブログ運営にて収益化をしたいのであれば「有料版」を利用するしかありません。

なにがしたいかによって使うブログサービスが変わる

上記で4つのブログサイトの比較をさせてもらいました。「アフィリエイト」や「広告収入」を得るためにブログサイトを運営したいのであればそれが出来るサービスにしないことには意味がありません。

そう言った目的ではなく、例えば有名になりたい!日記のように書きたい!SNSでは文字数が足りない!なんていう人ならば人が集まりやすいようなサービスにすることで多くの人に見てもらえる可能性があります。

ブログサイト作成サービスによってそれぞれにメリットがありますが、そのサービスを上手に活用するために自分がどんなことをするために活用したいのかを考えてサービスを決めた方がいいでしょう!