意味のある使い方

無意味に使われてしまうよりもちゃんとありがたみを持って使われた方がお金もうれしいはずです。

お金の気持ちになって

お金に対する考え方について紹介していきたいと思います。日本人の考え方というのはお金というのはあまり求めてはいけないものという印象が強いと思います。

欲深き人は欲に溺れてしまう考えの人が多いです。ドラマなどでも悪役の人はお金持ちが多かったりお金を持っている人が非常だったりしますよね。昔からお金を持っている人のことをよく描いていないのが日本文化の傾向といえるでしょう。

しかし、実際にお金持ちが悪い人なのでしょうか?お金を持っている人は募金をしたり、困っている人がいて信用できる人だったらお金を貸せることになります。つまり人を助けている人もちゃんといるのです。

お金を持っている=悪という認識になっていますが、そんなことはありません。ほとんどの人は特別嫌な人間になるというわけでもないのです。

海外ではお金を持っている人に対して敬意をもったり尊敬の念を抱いている人が多いです。努力したからこそ成功があるわけです。

日本人でお金持ちが少ないというのはお金に対する考え方や認識がマイナスなイメージを持っているからともいえます。先に述べたようにお金を悪という考え方はなくすようにしましょう。

お金を人に例えると分かりやすいと思います。好きな人がいたらその人に対して邪険に扱うことはないですよね。どうにかして振り向かせたいと努力をしますし、容姿を気にしたりしますよね。自分をアピールして相手に好意を持たせますよね。

お金も同じです。お金を好きだとまずは認めてそこからどのように努力をすればお金が増やせるか考えますし、大切に扱いますよね。

事実、お金持ちほどきっちり管理を行いますし、逆になくて困っている人ほどお金に対してルーズに扱っている傾向があります。

お金を増やそうと思ったらちゃんと考え方というのを正すようにしましょう。